読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqours 1stライブに参加した話

初めてライブに参加したのはμ's 3rd Anniversary LoveLive!(しかもLV)で、それからいろいろなライブに参加し始めてからもうすぐ4年が経つんだけど、
今回のAqoursのライブは感想を残したくなったので、ブログでも書いてみようかなと思いました

 

【前提】

そもそも、自分はラブライブ!サンシャイン!!のアンチなんですよね
結局はμ’sの二番煎じだし、人気に便乗しているだけだし、アニメも本当に面白くなかった、特に13話
さすがに曲のクオリティは高かったからCDは買っていたけど、それでも発売一ヶ月後にようやく買うとか、そんなレベルでした

 

【参加の経緯】

それでもラブライブは話題のコンテンツだから、とりあえずライブ行ってみるか!の精神でLVチケットを取って(会場は落ちまくった)当日を迎えました
正直当日も「あれ?今日だっけ?」くらいテンションが上がらなかったのですが、フォロワーの連番者に空きができたので、テンション上がったわ!現地行ったろ!で現地参加することができました

要するに、「興味なかったけど運とノリで現地参加できたよ!」ってことですね

 

【ライブの感想】

そんなクソみたいな理由で参加したAqours1stライブですが、参加してよかったな、これからもAqoursを応援し続けたいなと思えるライブでした

 

以下セトリに沿った感想

1.青空Jumping Heart
予想通りの1曲目青春まっしぐらで指さす振り付けが好きです

2.恋になりたいAQUARIUM
2曲目にして予想外でした(君ここだと思ってた)

- MC -

3.1日目:AqoursHEROES / 2日目:ハミングフレンド
AqoursHEROESは好きな曲なのでぶち上がりました
ハミングフレンドは予習でギリコール覚えた感じだけど、いい曲ですね

- 幕間映像1 -
横浜とか縦浜とか、横浜線は恐ろしいズラ!な話
μ’sのときのようにSDキャラのショートストーリーだったんだけど、キャラの顔が3D化(?)していて、ヌルヌル動いてました

4.決めたよHand in Hand 2年生曲
「かわれかわれって今日から~」で腕をぐるぐるするのがかわいい
あと斉藤朱夏さん(渡辺曜役)がとにかく笑顔でかわいい

5.ダイスキだったらダイジョウブ!
引き続き2年生曲前の曲から合わせて、3話ライブ衣装でした

- MC -
しゅかしゅー(斉藤さん)がかわいい

6.夢で夜空を照らしたい
2年生組が早着替えの後、1年・2年生での曲でした

- 幕間映像2 -
横浜で食べるべき昼食はラーメンかシューマイかカレーか、な話
最終的には「沼津」って店に行ったみたいだけど、実際に寿司屋の沼津さんがあるらしい
μ’sのときからだけど、幕間映像のシナリオって頭おかしい(褒め言葉)

7.元気全開DAY!DAY!DAY!
ここからユニット曲シリーズ、最初はCYaRon!(伊波杏樹さん、斉藤朱夏さん、降幡愛(黒澤ルビィ役))のターン
やあやあ!

- MC -
しゅかしゅーがかわいい
あとみんなで伊波杏樹さん(高海千歌役)のおっぱい触ってた(誇張)

8.夜空はなんでも知ってるの?
CYaRon!カップリング曲
間奏でのしゅかしゅーのダンスがすごくきれいだった

9.トリコリコPLEASE!!
ユニット2組目、AZALEA(諏訪ななかさん(松浦果南役)、小宮有紗さん(黒澤ダイヤ役)、高槻かなこ国木田花丸役))のターン

- MC -
CYaRon!のときもだったけど、AZALEAのMCでもサイリウム芸をさせられました
きれいだからいいんだけど、μ's5thのくっすんバースデーみたいなのを受け継いでいるのかと考えてしまって、ちょっとむむってなった

10.ときめき分類学
AZALEAカップリング曲
心が浄化される

11.Strawberry Trapper
ユニット3組目、Guilty Kiss(逢田梨香子さん(桜内梨子役)、小林愛香さん(津島善子役)、鈴木愛奈さん(小原鞠莉役))のターン
ヘドバンしてた

- MC -
りきゃこへの雑な対応とあいきゃんの「はーいヨハネでーす」に草

12.Guilty Night, Guilty Kiss!
カップリングも盛り上がり曲
BiBi枠だなぁ

- 幕間映像3 -
アニメから、9人が揃うまでを総集編で流してくれました
クソアニメだと思ってたけど、こうやって見るとちょっと感動する

13.未熟DREAMER
作中で9人揃ってからの曲
周りのサイリウムとか見ていて気づいたけど、全体曲だけど3年生曲って感じですね

 

ここまでは正直その辺のライブと変わらない、もちろんダンスは凄いんだけど、そこまで熱中するものでもないなぁ、という感想でした
問題は次の曲

 

14.想いよひとつになれ

気づいたらステージ上に存在しているグランドピアノ、階段を上りピアノへ向かう逢田梨香子さん
いやwwwまさかね?wwwと、正直信じられない気持ちでいる自分
次の瞬間、逢田さんの演奏とともに、曲が始まりました
いやでもイントロだけでしょ・・いやでも・・・と思っているうちにどんどん曲が流れ、時折見せる苦そうな顔に、「ああ、本当に演奏しているんだな、どれだけ努力したんだろうな」と
ラブライブに関しては"頑張っている中の人を応援したい"という思いがあって、まさにこの瞬間Aqoursを応援しなきゃと決意しました

さらに問題は2日目
同じようにピアノに向かう逢田さん
昨日よりは余裕があるのかな?と見ていると、イントロで響く明らかにズレた音
凍りついた顔の逢田さんがちょうどカメラで映されたのを覚えています
この時点ではまだ演出かな?と思っていたのですが、その後もAメロで曲が止まり、失敗したんだというのを察しました
前日の演奏が完ぺきだっただけに、予想外の自体に自分も周りもステージも時が止まっていました

一瞬の静寂の後、真っ先に逢田さんの元へ向かった伊波さん(他、鈴木さん、諏訪さん らしい)
お客さんから見えないように壁になりつつ、泣きながらパニックになる逢田さんを「大丈夫」と励ましていて
会場からは「がんばれー!」の声や「梨香子」コールが会場が桜色一色になり、自分も泣きながら声を出し続けました(今思うと、「梨香子」コールって逆にプレッシャーだなあ)

メンバーがポジションに戻り、再度「想いよひとつになれ」へ
一度失敗してしまったら2度目は怖くなってしまうと思うし、自分もただただ成功してくれと祈っていました
泣き顔で、震える指で、イントロから引き始め、先程失敗した箇所を突破
会場から大歓声があがり、その後も無事最後まで演奏しきることが
終わってからも拍手が鳴り止まず、まさに会場・キャスト・スタッフ全員の想いがひとつになった瞬間でした

- MC -
失敗してしまったことに対して、「だって生ですから!」と言ってのける伊波さん
真っ先に駆けつけたのも伊波さんだし、リーダー力やばすぎる

15.届かない星だとしても / 待ってて愛のうた
正直直前のインパクトがでか過ぎて覚えてない

- 幕間映像4 -
各学年の決意的なシーンの総集編、からの

- ミュージカル -
まさか13話のクソミュージカルやってくるとは思いませんでした
しかも面白かった
アニメでは大会だったから、「は?大会でそんなことしてんじゃねーよ」だったけど、これはワンマンライブだからね
役者出身のメンバーも多いし、迫力もあってよかった

16.MIRAI TICKET
ミュージカルの流れでミラチケ
グッとくるものがありました

17.君のこころは輝いてるかい?
そして始まりの曲
このライブを通してこの曲を聞くとこみ上げてくるものがありました

- EC -
アンコール煽りアニメ
毎回いい仕事しますね

18.Pops heartで踊るんだもん!
もっともっともっともっと!
コール覚えきれられず、ちょっと後悔

19.ユメ語るよりユメ歌おう
ユメユメにコールはいらないんだよなあ

- MC -
個人の感想と、CD情報・2ndLiveツアー・2期アニメが発表されましたね
アニメはもうちょい後かなと思ってたからビックリ
ってことは寿命も短いのだろうか・・・

20.Step! ZERO to ONE
ライブの表題曲
表題曲とはいえ、まさかカップリングがトリなのは意外でした

 

ここからは中の人に対する感想

1.伊波杏樹さん(高海千歌役)
まさにリーダー
トラブル時には真っ先に駆けつけたり、その後のフォローもバッチリで、正直見直しました
というのも、あまり好きじゃなかったんですよね
なんというか、周りに当たりが強いような気がして
でもそれは信頼の証なのかなと、逆に仲がいいからこそ、気遣いをしない関係が作れているのかなと

2.逢田梨香子さん(桜内梨子役)
努力の人
ダンスの他にピアノも演奏して、本当にどれだけ練習したんだろう
未経験者が3ヶ月練習して、失敗はあったものの大舞台で披露できたことには尊敬しかないです
もちろん、「プロなのに失敗するな」の意見もあるし、本人もインスタで「プロ失格だ」と言っていましたが
上にも書いたとおり、自分は"頑張っている中の人を応援したい"気持ちが強く、失敗したからといって努力が消えるわけではないので
今回のライブには本当に満足です

3.諏訪ななかさん(松浦果南役)
さりげないお姉さん
カラコン入れたり髪の色染めたり、見えにくい場所まで果南に近づこうとする姿が印象的です

4.小宮有紗さん(黒澤ダイヤ役)
ブッブー!ですわ!
AZALEAの衣装で1人だけ肩が出ていたのがエッチ

5.斉藤朱夏さん(渡辺曜役)
とにかく笑顔でとにかく動いてた
本当に楽しんでいるのが伝わってきて、こっちも楽しくなってきます。
と思いきや夜空はなんでも知ってるの?でのソロダン
最高かよ・・・

6.小林愛香さん(津島善子役)
身体が細い
MCのたびに、ヨハネ訂正するのがかわいかった

7.高槻かなこさん(国木田花丸役)
面白い人、そう思っていた時期が僕にもありました
実際は背が高いのがコンプレックスであったり、体力がなかったことでなんども挫折を味わったり
その葛藤を吹き飛ばす、いいパフォーマンスでした
推したくなる人だ

8.鈴木愛奈さん(小原鞠莉役)
アニソングランプリ(的なやつ)で、もし優勝していればもっと早く横アリで歌えていたらしい
そういう意味で本人に取っては特別な場所であり、ステージに立つことができたのは嬉しいなあ

9.降幡愛さん(黒澤ルビィ役)
これまた、あまり好きなキャラじゃなかったです
どうしてもピギィ!が受け付けなくて、、、
でも本人は本気でルビィに近づこうとしていて、その姿が印象的でした

ラブライブってどうしても全員推したくなりますよね
だって全員が本気で頑張っているんだもん
もちろん世の中にはいろんなグループがあって、みんな頑張ってるんだと思うけど
ラブライブほど、その姿が見れるコンテンツは無いように思います

 

【総評】

なんかよくわからない文章になったのでまとめると、

・アニメはやっぱりクソです
終わった後の坂井監督のツイートに

誤解を恐れずいえば今夜の彼女達のパフォーマンスでやっと13話が完成した様な気持ちです。

と、ありました。
いやいや、バカにしてんのかと、ライブ行ってない人にとっては未完成じゃねーかと
そもそもアニメは(今回の場合)13話で完結させるべきだし、その結果があのミュージカルなので、評価は対して変わらないです
確かに偏見はあったので、見直したらそこだけは少しだけ変わるかも

・ユニットAqoursはこれからも応援していきます
今回の表題「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~」とあるように、彼女たちは確かに一歩を踏み出したように思います
この人気はμ’sのおかげだ、最初からニューゲームでしょって意見もあるし、確かに最初は2番煎じとしか思っていませんでした
でもこのライブを見て、努力を見て、"2番煎じのユニット"から、"ラブライブサンシャイン"のユニット「Aqours」に、0から1に進んだように思います

結局は何を注視するかによって認識が変わるのかなと
アニメ推しの人からは、"クソアニメのユニット"のイメージは変わらなそうだし
中の人推しからすれば、"努力する姿が~"になるし
そんな意見の人もいるんだよってのが伝わればいいなあ